1. TOP
  2. 未晒クラフト紙でオリジナルショッパーを制作する仕様と特徴について

未晒クラフト紙でオリジナルショッパーを制作する仕様と特徴について

未晒クラフト紙 オリジナルショッパー 制作

今回は未晒クラフト紙を使ったオリジナルショッパーについてです。

昔も今も大人気のロンハーマンのオリジナルショッパーを基に仕様や特徴など解説していきます。

ロンハーマンのショッパーはおしゃれなので、捨てずに保管しておりました。町でもよく見かけますよね!

未晒クラフト紙を使ったRHCのオリジナルショッパーの仕様

サイズ:W250×D130×H250 口折40㎜

原反:未晒クラフト紙150g/㎡

印刷:4色フルカラー印刷(CMYK)

加工:ニス加工、口ボール、底ボール

持ち手:紙単紙 500mm/CUT

check①☞ 紙袋の種類別の特徴についてはこちら➹

Check②☞ オリジナル紙袋を制作する際の紐の種類についてはこちら➹

上記がロンハーマンの未晒クラフト紙オリジナルショッパーの仕様となっております。

未晒クラフト紙のオリジナルショッパーの特徴について

未晒クラフト紙 制作

ロンハーマンらしいおしゃれなデザインになっていると思います。

未晒クラフト紙は漂白されていないクラフト紙本来のナチュラル(茶色)の状態の原紙のことをいいます。

この加工されていない色合いが上手にデザインに溶け込んでいるのがわかります。

印刷がないと素朴な色合いですが、ロンハーマンのショッパーのようなデザインにすることで、素朴というよりナチュラルな表現ができるのが未晒クラフト紙の特徴です。

今回のロンハーマンで使っている未晒クラフト紙の厚さは150gくらいです。

未晒クラフト紙で一般的に使用されるのは120g程度の厚さが多いのですが、150gを使うことで原紙にコシを出し、しっかりとした作りになっていると思います。

未晒クラフト紙袋 内面

※内面

内面は加工無しの原紙本来のナチュラル(茶色)の色合いになっております。底ボール(底板)も本来は白が多いのですが、画像を見ると未晒の茶色に合わせているのがわかりますね。

未晒クラフト紙袋 印刷

※4色フルカラー印刷

印刷はオフセット4色フルカラー印刷(CMYK)です。色合いがリアルな雰囲気に仕上がっており、とてもインパクトのあるデザインだと思います。他とは一味違う印象を与えるショッパーですね。

未晒クラフト紙 オリジナルショッパー 紙単紙

持ち手の紐は、紙単紙を使用していて、未晒の色に合わせているのがわかります。

原紙、持ち手と全体的に統一性のあるおしゃれなショッパーですよね。

持ち手一つで袋のイメージも変わってしまいますが、ロンハーマンのショッパーは紙単紙を使ってることで、ナチュラル感がとても伝わってきます。

オリジナルで作るなら、ロンハーマンのような統一性があるバランスの取れたショッパーにしたいですね!

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか!?

未晒クラフト紙を非常にうまく使っているショッパーだと思いました。

ロンハーマンのようにナチュラル感を出したい方や素朴な雰囲気を出したい方には、未晒クラフト紙は安価ですしおすすめできます。

ただ、未晒クラフト紙は印刷色が沈んでしまいますので、色に拘りがある場合はコート紙をおすすめいたします。

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

未晒クラフト紙 オリジナルショッパー 制作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • Snidel(スナイデル)のオリジナルショッパーを制作するための仕様について

  • 未晒クラフト紙でオリジナル手提げ袋を制作するための仕様とポイント

  • GOLD STAR(ゴールドスター)のオリジナルショッパーを制作する際の仕様と特徴

  • 食品用オリジナル紙袋の制作する際の仕様について

  • 人気のオリジナルショップ袋を製作するための仕様について

  • オリジナルショップ袋を制作するための仕様について