1. TOP
  2. ブライダル袋の定番!マチ広紙袋の仕様と特徴

ブライダル袋の定番!マチ広紙袋の仕様と特徴

ブライダル袋 制作

結婚式でいただくブライダル袋(マチ広紙袋)ですが、いったいどんな仕様でどんな特徴があるのでしょうか!?

今回は結婚式場アンファンスさんのオリジナルブライダル袋を基に解説していきます。

ブライダル袋(マチ広紙袋)の仕様

サイズ:W420×D200×H300 口折45㎜

原反:コート紙180g/㎡

印刷:1色印刷(表面)+1色印刷(内面)+1色印刷(底ボール)

加工:マットラミネート加工(表面)、ニス加工(内面)、

口ボール、底ボール+ニス加工、箔押し(ゴールド)

持ち手:PPツイストコード紐12mm幅 500mm/CUT

上記が結婚式場アンファンスさんのブライダル袋(マチ広紙袋)の仕様となっております。

check①☞ 紙袋の種類別の特徴についてはこちら➹

ブライダル袋(マチ広紙袋)の特徴について

マチ広紙袋 制作

※マチ面

ブライダル袋だけあって、かなりマチを広く制作してます。

ブライダル袋は重たいものでも簡単に破れないように耐久性のある仕様にしているのが特徴です。

まずは原紙ですが、紙袋で一般的に使われるのがコート紙157gです。しかし、アンファンスさんの原紙はコート紙180gを使用しておりますので、紙にコシがあり、しっかりしてるのがわかります。

ブライダル袋 制作 印刷

※箔押し

デザインはシンプルに全面印刷1色にゴールド箔押しになっております。

箔押しに関してもブライダル袋では使われていることが多く、ワンポイントで入れても存在感があるので、人気の加工の一つとなっております。

 

マチ広紙袋 制作

※内面

内面に関しては、表面と一緒の色に印刷しており、統一感があります。

また、底ボール(底にある板のこと)は一般的に白ですが、底ボールまで印刷をいる為、コストがかかっておりますが、その分拘りのある袋に仕上げているのがわかります。

マチ広紙袋 制作 紐

※持ち手:PPツイストコード紐

ブライダル袋で使われる事が多いのが、上記のツイストコード紐になります。しかも今回紹介しているこちらのツイストコード紐は12mm幅とかなり太めの紐となっております。当然持ち手も太ければ太い程コストがかかります。

紐を太くする事で、耐久性の強化とユーザーに持ちやすくすることができるので、そういった狙いもあるのではないかと思います。

Check②☞ オリジナル紙袋を制作する際の紐の種類についてはこちら➹

まとめ

ブライダル袋 まとめ

今回はブライダル袋について記事にしてきましたがいかがでしたでしょうか!?

結婚式でいただくブライダル袋を思い返すと、しっかりした耐久性のある紙袋だったと思います。

引き出物が入っているので、重たいこともありますよね!?その為に、耐久性のある仕様にしてることが多いのです。

結婚式は一生思い出に残るイベントごとだと思いますので、ブライダル袋も印象に残るような拘りのある袋だと嬉しいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

ブライダル袋 制作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • 食品用オリジナル紙袋の制作する際の仕様について

  • オリジナルショップ袋を製作するための仕様について

  • 人気のオリジナルショップ袋を製作するための仕様について

  • 化粧品を入れるオリジナル紙袋を制作する際の仕様と特徴について

  • アパレルショップ袋を制作するポイントについて

  • 未晒クラフト紙でオリジナルショッパーを制作する仕様と特徴について