1. TOP
  2. GOLD STAR(ゴールドスター)のオリジナルショッパーを制作する際の仕様と特徴

GOLD STAR(ゴールドスター)のオリジナルショッパーを制作する際の仕様と特徴

オリジナルショッパー 制作

今回は六本木にあるインポートブランドを中心としているセレクトショップのゴールドスターのオリジナルショッパーを制作する際の仕様について紹介していきます。

かなりオシャレなセレクトショップですので、ショッパーも上品に仕上がっております。

ショッパーに高級感を出したいと考えてる方は参考になるんではないでしょうか?。

ゴールドスターのオリジナルショッパーの仕様

サイズ:W420×D120×H320 口折45㎜

原紙:カード紙190g/㎡

印刷:両面箔押し

加工:マットラミネート(マットPP)、口ボール、底ボール(1色印刷)、ハトメ

持ち手:片面サテンリボン(ホワイト)25mm幅×700mmカット

上記の仕様となっております。

check①☞ 紙袋の種類別の特徴についてはこちら➹

Check②☞ オリジナル紙袋を制作する際の紐の種類についてはこちら➹

ゴールドスターのオリジナルショッパーのポイントについて

オリジナルショッパー 制作 仕様

シンプルなデザインながら、高級感を出ていると思います。

まずは原紙ですが、カード紙を使用しており、かなりコシのある原紙でかなり耐久性がございます。

デザインは真っ白な本体に、シンプルに箔押しでお店の名入れをしております。無駄なデザインがないので上品に見えますね。

オリジナルショッパー 制作 紐

※片面サテンリボン

オリジナルショッパー 制作 ハトメ

※ハトメ(紐通し穴の箇所にある金具)

持ち手についてですが、片面サテンリボンを使用し、ハトメまで付けております。

普通の持ち手の紐(アクリルスピンドル紐など)とは違い、片面サテンリボンはコストもかかっておりますので、その分高級感が出てますね。※片面サテンリボンの色は数十種類から選択可能。

ハトメに関しては、紐通し穴が破れないように耐久性を意識して付ける場合と、デザイン重視で付ける場合とがあります。※ハトメの色も数十種類から選択可能。

ゴールドスターのショッパーの場合は、箔押しの色に合わせてハトメの色もゴールドにしていると思いますのでデザインも意識して取り入れていると思います。

また、ゴールドスターというセレクトショップ名だけあって、ゴールドの箔押しにゴールドのハトメを使っているかもしれませんね。


上記の公式のインスタを拝見しましたが、セレクトしてる商品もとてもオシャレでした。

まとめ

オリジナルショッパー 制作 まとめ

GOLD STARのオリジナルショッパーについての記事はいかがでしたでしょうか?

シンプルのデザインが逆に高級感を出しているように見てますね。

この記事のまとめは、

✅コシのある原紙、カード紙を使用しており耐久性のあるショッパー

✅箔押しのみのシンプルなデザインに、片面サテンリボンの持ち手とハトメで高級感を演出

もっと高級感を出したい!デザインをこだわりたい!という方は、エンボス加工を入れたり、さらに厚い原紙にしてみたり、片面サテンリボンの幅を広げたりしてみるといいかもしれませんね!

フルオーダーで制作が可能なので、納得のできるショッパーができるといいですね!

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

オリジナルショッパー 制作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • プレミアムモルツオリジナル紙袋の制作する仕様について

  • 未晒クラフト紙でオリジナル手提げ袋を制作するための仕様とポイント

  • Janiss(ジャニス)のオリジナルショッパーを制作するための仕様について

  • オリジナルショッパーを制作する際のポイントについて

  • オリジナルショップ袋を制作するための仕様について

  • 引き出物用(ブライダル)紙袋を制作する際の仕様と特徴について