1. TOP
  2. オリジナル不織布袋を制作したい方必見!仕様と特徴を紹介

オリジナル不織布袋を制作したい方必見!仕様と特徴を紹介

オリジナル不織布袋

今回は若い女性に人気のブランドonewayの少し変わった仕様のオリジナル不織布袋を基に紹介していきたいと思います。

持ち手に加工があるオリジナル不織布袋になっているので、これからオリジナルで制作を考えている方には参考になると思います。

onewayオリジナル不織布袋の仕様

サイズ:W380×D110×H330 口折40㎜

原反:不織布90g

印刷:両面1色シルク印刷

加工:アウトステッチ、ハトメ、口ボール

持ち手:PPパイレン紐12㎜巾×700㎜出部

上記がクロスサイトさんのオリジナル不織布手提げ袋の仕様となっております。

check①☞ 不織布でオリジナルギフト巾着を制作する仕様はこちら➹

onewayオリジナル不織布袋の特徴

オリジナル不織布袋 持ち手

パッと見て目立つ加工が持ち手の箇所になると思います。一般的には本体で使われている生地と同じ生地(共生地)を持ち手にすることがコストもかからないので普通です。

しかしこちらのショップ袋では、アパレルブランドだけあり、お洒落にハトメ付でPPパイレン紐を使用されています。

PPパイレンの紐も太目なものなので、耐久力もあり持ちやすくなっております。

また、このような加工は人気のある加工の仕方なので、参考にしてみると良いと思います。

※ハトメ

ハトメも良いアクセントになっていて、目立ちますよね!持ち手の色も明るい緑色で全体の色から外すことでハトメと同じく良いアクセントになっていると思います。

不織布袋

※マチ面

ポケット加工

※ポケット加工

使い勝手の良い角底タイプのアウトステッチ縫製になっているので、形の崩れもなく綺麗な仕上がりだと思います。

デザインもロゴのワンポイントでシンプルなので、2次利用としても使えるので便利ですよね。さらにこちらは表面にポケット加工がされており、そのポケットにロゴ印刷がされています。

ポケット加工なども2次利用することを考えれば非常に便利ではないでしょうか??

利便性のある加工をすると、2次利用として使用するユーザーが増えますので、お店のロゴやショップのURLなども入れることで広告効果もあることがあります。

サイズも今回の大きさぐらいが大きすぎず、小さすぎず、利便性のあるサイズだと思いますので参考にしてください。

Check②☞ オリジナル不織布バッグを激安で制作する方法はこちら➹

まとめ

今回のオリジナル不織布袋の記事はいかがでしたでしょうか。

紹介した持ち手(紐)などを付けることで良いアクセントになり、ショップ袋の存在感が出ると思います。

あと一押しなにかが足りない・・・・と思った際は持ち手を種類を変更してみたり、ポケット加工をしてみたりするのも有りではないでしょうか!?

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

オリジナル不織布袋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • オリジナル不織布巾着袋を製作するための仕様について

  • A4サイズの不織布袋をオリジナルで制作する方法のポイント

  • オリジナルで角底不織布手提げ袋を制作する仕様と特徴について

  • オリジナル不織布バッグを制作する上で見積はどのようにとればいいのか!?

  • 学校オリジナルバッグを不織布で制作する仕様と特徴について

  • オリジナル不織布バッグを激安で制作する方法とは!?