1. TOP
  2. A4サイズの不織布袋をオリジナルで制作する方法のポイント

A4サイズの不織布袋をオリジナルで制作する方法のポイント

不織布袋 印刷

何年か前にどこかのイベントでもらった漫画キャラクターの不織布袋。イベントに行くとオリジナル袋をもらうことが多いですよね。

たまたま知ってるキャラクターだったので捨てずに残しておりました。

今回はこのキャラクターを印刷したオリジナル不織布袋を基に仕様やポイントなどを解説していきます。

オリジナル不織布袋の仕様

サイズ:W250×H350 口折25㎜

原反:不織布75g/㎡

印刷:片面1色

持ち手:本体共生地25㎜巾×320mm/出部

上記がこちらのオリジナル不織布袋の仕様となっております。

こちらのサイズはA4サイズの物(書類など)を入れるのに最適なサイズです。また、マチ面がないので、幅のある物などを入れるには適しておりません。

オリジナル不織布袋の特徴

 

 

今回のオリジナル不織布袋を見てすごいな~っと思ったのが、印刷でした。

何がすごいかというと、今回紹介しているオリジナル不織布袋の印刷はシルク印刷になりますので、細かい部分が潰れやすいのですが、

上の画像のように、細かいデザイン部分がシルク印刷で綺麗に表現できているのですごいと思いました。
※基本的に細かいデザインにする場合は、印刷が潰れてしまう可能性があることを頭に入れておいてください。
※シルク印刷

 

また、A4サイズのものがスポッと入るサイズなので、A4サイズのノートや下敷き、小物など入れるのに適しているサイズです。

 

マチがない平袋の形になるので、幅の取る物を何個も入れたりすることは適してないです。

 

オリジナル不織布袋を制作する際は、使用用途を明確にしてから進めていくのがポイントになります。

 

今回紹介してるオリジナル不織布袋はA4サイズの物が入るのに適したサイズ感です。実際のA4サイズは210×297mmになりますが、A4サイズの物を入れる場合は、W250×H350がベストになると思います。

 

A4サイズの物を入れるのに、A4サイズ(210×297mm)でオーダーをしてしまうと、A4サイズの物が入らない可能性があります。

 

不織布袋は1つ1つミシンを使って人の手で縫製をしているので、若干ではありますが、サイズにブレが生じることがあるので、注意点として頭に入れておくといいでしょう。

 

 

まとめ

A4サイズの不織布袋をオリジナルで制作する方法のポイントはいかがでしたでしょうか!?

今回の記事をまとめると、

☑A4サイズの物を入れる場合は、規格A4サイズより縦、横+5cmぐらいすると丁度よい

☑シルク印刷はつぶれやすい。細かいデザインには向かない。

☑1つ1つ縫製して作る為、個体ごとに少しサイズのブレがでることがある

A4に限らず、A1でもA2でも考え方は同じなので、今回のポイントを覚えておくといいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

不織布袋 印刷

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • オリジナル不織布巾着袋を製作するための仕様について

  • オリジナル不織布袋を制作したい方必見!仕様と特徴を紹介

  • 2本3本と複数入れられるワインバッグの制作する際の仕様と特徴

  • 複数の生地色を使ったオリジナル不織布バッグの制作について

  • オリジナルコットントートバッグ(エコバッグ)は小ロットで制作可能なのか!?

  • オリジナル不織布バッグを激安で制作する方法とは!?