1. TOP
  2. 学校オリジナルバッグを不織布で制作する仕様と特徴について

学校オリジナルバッグを不織布で制作する仕様と特徴について

学校オリジナルバッグ 制作

学校の説明会などにいくといただく学校オリジナルバッグ。

A4サイズのマチなしバッグで、書類が入るように制作されているのが多く見受けられます。

今回はそんな学校オリジナルバッグを不織布で制作する際の仕様や特徴を松本秀峰中等教育学校のオリジナル不織布袋を基に解説していきます。

学校オリジナル不織布袋の仕様

サイズ:W250×H340

原反:不織布90g/㎡

印刷:片面1色

持ち手:本体共生地30㎜巾×360mm/出部

上記がこちらの学校オリジナル不織布袋の仕様となっております。

学校オリジナル不織布袋の特徴

松本秀峰中等教育学校
学校オリジナル不織布袋なので、使用用途がはっきりしていますね。説明会などで学校案内の書類などと一緒にもらえる学校オリジナル不織布袋です。
マチ有りの角底不織布袋の場合もあるのですが、入れる書類の厚さによって、マチ有無を選択すればいいと思います。
また、マチなしの方が安く仕上げることができます。
学校オリジナル不織布袋
レターパック(340×248)がスポッと入るサイズなので、画像のようA4サイズの物が適しているサイズになります。
持ち手の長さによってH340以上のものを入れることもできますね。ただ、マチ無の不織布袋になりますので、厚いものを入れるのには適しておりません。
学校オリジナル不織布袋 印刷
学校オリジナル不織布袋の場合は、だいたい学校のロゴをシンプルに入れるパターンがほとんどです。
今回は片面のみにロゴを入れているタイプになります。ロゴの細かい部分の印刷がしっかり出てるのがわかりますね。
また、学校カラーをうまく取り入れて制作するのがポイントですね。

まとめ

学校オリジナル不織布袋 まとめ

学校オリジナル不織布袋の記事はいかがでしたでしょうか!?

今回の記事をまとめると、

☑マチなしタイプの不織布袋なので、厚い物を入れるのには向かない。厚い物を入れる場合はマチ有りの袋にする。

☑学校カラーを取り入れる

☑持ち手の長さによって、実寸サイズより大きめの高さの物も入る

どの学校も学校カラーなどを非常に意識して制作していると思います。本体と持ち手の色を変えたりするもの目立ちますよね。

エコバッグとしても使えるので、ずっと使ってもらえるような不織布袋を制作できるといいですね!

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

学校オリジナルバッグ 制作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • 2本3本と複数入れられるワインバッグの制作する際の仕様と特徴

  • EVA2層不織布袋を制作する際の仕様と特徴について

  • オリジナル不織布巾着袋を製作するための仕様について

  • オリジナルコットントートバッグ(エコバッグ)は小ロットで制作可能なのか!?

  • 複数の生地色を使ったオリジナル不織布バッグの制作について

  • A4サイズの不織布袋をオリジナルで制作する方法のポイント