1. TOP
  2. オリジナル紙袋を激安で海外で制作する方法について

オリジナル紙袋を激安で海外で制作する方法について

オリジナル紙袋 海外生産

今回は海外でオリジナル紙袋を激安で制作することについて解説していきたいと思います。

海外生産!?っと聞くと物流のことなども考えるとほんとに安いの!?って思う人がいると思いますが、実は安く制作できます。

この記事では海外生産のメリット・デメリットについて説明していきます。

海外生産のメリット

紙袋 海外生産 メリット

1つ目のメリットはコスト削減

例えば国内で1000枚のオリジナル紙袋を制作した場合、1枚当たり250円かかったとします。海外生産の場合、150円で制作できたります。

紙袋の仕様にもよりますが、このぐらいの差額はでますので、かなりのコスト削減になりますよね!?もちろん物流費、国内送料込になります。

さらに、紙袋の仕様に凝れば凝るほど国内生産との差額は広がります。

2つ目のメリットは高品質の仕上がり

昔までは国内生産の方が仕上がりに安心できましたが、現在では海外生産でも技術の進歩により、国内生産の紙袋とほとんど見劣りしませんし、物によっては海外生産の方が高品質なものが制作できることもあります。

海外生産の場合は様々な加工ができますので、国内生産でできないようなこともできたりしますので、仕上がりに関してもメリットがあると言えます。

海外生産のデメリット

紙袋 海外生産 デメリット

最大のデメリットとして納期がかかってしまうということです。

国内生産の場合、時期にもよりますが、データ入稿後、約2週間で納品ができます。

海外生産の場合、仕様やロットによりますがデータ入稿後から45~60日ほど納品までかかってしまいます。

まとめ

紙袋 海外生産 メリット デメリット

海外生産をする際は、納期に余裕のあるものであればコスト削減につながり、オリジナル紙袋を激安にて制作できることは間違いないです。

さらに国内でできない様々な加工にも対応できるのでメリットは大きいですよね!

こちらの記事のポイントとまとめますと、

海外生産 → コスト削減・納期に余裕がある
国内生産 → コストに余裕がある・短納期

ケースバイケースで選択すると良いですね!

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

オリジナル紙袋 海外生産

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • オリジナルショップ袋を製作するための仕様について

  • オリジナル紙袋を制作する際に、見積もりはどうすればいいのか?

  • オリジナルショップ袋を制作するための仕様について

  • アパレルショップ袋を制作するポイントについて

  • 紙袋の素材(原紙)の種類やそれぞれの特徴や選び方について

  • 化粧品を入れるオリジナル紙袋を制作する際の仕様と特徴について