1. TOP
  2. オリジナルショッパーを制作する際のポイントについて

オリジナルショッパーを制作する際のポイントについて

ショッパー 制作

今回ご紹介するオリジナルショッパーはオデット エ オディールにショッパーになります。

印刷は無で箔押しを使ったシンプルなデザインのショッパーです。

印刷無で表現する方法の1つとして参考にしていただければと思います。

オデット エ オディールオリジナルショッパーの仕様

サイズ:W350×D150×H270 口折45㎜

原紙:晒クラフト紙150g/㎡

印刷:無

加工:箔押し(黒)、口ボール、底ボール

持ち手:グログランリボン25㎜巾×500mm/CUT 斜めCUT

check①☞ 紙袋の種類別の特徴についてはこちら➹

Check②☞ オリジナル紙袋を制作する際の紐の種類についてはこちら➹

上記がオデット エ オディールのオリジナルショッパーの仕様となっております。

オデット エ オディールオリジナルショッパーのポイントについて

※箔押し(黒)

オデット エ オディールのショッパーは印刷がありません。でわ、どうやってロゴを表現しているのかというと、箔押しです。

箔押しと聞くとゴールドやシルバーを使用することが多いのですが、オデット エ オディールのショッパーのように黒箔押しを使うと印刷しているように見えますよね。

印刷無で箔押しを使ってロゴを表現するのも1つの方法になります。

グログランリボン

※グログランリボン①

グログランリボン②

※グログランリボン②

持ち手は高級感が出せるグログランリボンを使っていいます。全体的に白と黒だけの非常にシンプルなデザインになっておりますが、箔押しやグログランリボンを使用することで、シンプル且つ高級感のあるショッパーになっていると思います。

※マチ面

マチ面も何もなくシンプルなデザインです。いつも紹介する度に言っておりますが、マチ面はホームページURLを記載するのがおすすめです。

ただ、オデット エ オディールのショッパーはあえて入れていない感じがしました。

原紙も晒クラフト紙で、表面にツヤのない原紙を使っていて、コート紙やカード紙にはない白の色合いになっております。

まとめ

オデット エ オディールのオリジナルショッパーはいかがでしたでしょうか!?

目立つショッパーではありませんが、原紙、持ち手、加工と細かな拘りを感じるショッパーだと思いました。

また、シンプルなデザインがショップのイメージにも合っているのと、流行に流されることもない定番デザインなので、長く使っていけますね!

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

ショッパー 制作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • プレミアムモルツオリジナル紙袋の制作する仕様について

  • マチが広い紙袋の制作と特徴について

  • GOLD STAR(ゴールドスター)のオリジナルショッパーを制作する際の仕様と特徴

  • 人気のオリジナルショップ袋を製作するための仕様について

  • オリジナル紙袋を激安で海外で制作する方法について

  • GLARE by Skinny Lipのショップ袋を制作する場合の仕様について