1. TOP
  2. ビニール袋素材でショルダーバッグを制作する仕様と特徴

ビニール袋素材でショルダーバッグを制作する仕様と特徴

ビニール袋 ショルダーバッグ 制作

ビニール袋素材でショルダーバッグを制作する仕様について森高千里さんの30周年コンサートのオリジナルショルダービニール袋のサンプルを元に解説していきます。

森高千里さん30周年コンサートのオリジナルショルダービニール袋の仕様について

サイズ:W350×H450×G100 口折50㎜

原反:LDPE着色(赤)0.08mm

印刷:両面1色 ※別柄

加工:サイドシール、銀ハトメ

持ち手:アクリルスピンドル8×8 適正/CUT 1本通し

上記がLIVEオリジナルショルダービニール袋の仕様となっております。

LIVEオリジナルショルダーバッグビニール袋について

今回のショルダー型ビニール袋は原反が着色の赤色で、両面別柄の1色ずつになっておりますので、シリンダ版は2本必要となってきます。

ビニール袋 ショルダーバッグ 表面

※表面のデザイン

ビニール袋 ショルダーバッグ 裏面

※裏面のデザイン

また、前回紹介した妖怪ウォッチのショルダーバッグでも付いていたハトメはもちろんついております。

ビニール袋 ショルダーバッグ

※銀ハトメ

ビニール袋 ショルダーバッグ ハトメ

※ハトメを付ける機械

ハトメを付けることでちぎれたりすることを防止します。また、ハトメについてですが、プラスチック製のハトメもあります。

ビニール袋 ショルダーバッグ サイドシール

※サイドシール加工

こちらの動画にあるようにサイドシールは、袋の両サイドを熱刃により、熱圧着とカットを同時に行う加工法です。

ビニール袋 ショルダーバッグ 底ガゼット

※底ガゼット部分(底マチ)

妖怪ウォッチのショルダーバッグでも底ガゼットがありましたが、底ガゼットがあることでその分厚みのあるものがはいるようになります。

まとめ

ビニール袋 ショルダーバッグ まとめ

LIVEショルダーバッグビニール袋についてはいかがでしたでしょうか!?

今回は原反を赤の着色にしてますので、コストがかかっていると思います。

今回の記事をまとめると、

✅グラビア印刷は版代が高い。1版20,000円~40,000円

✅原反は透明⇒乳白⇒着色の順番でコストがかかる

✅着色は海外だと最低5000枚~、国内だと最低1000枚~となっておりますが、依頼する箇所によるので要確認

もし原反を着色にする際は、コストがかかったり、最低ロット数が設けられたりする場合があるので依頼業者によってその都度確認が必要になってきます。

\ SNSでシェアしよう! /

袋Labの注目記事を受け取ろう

ビニール袋 ショルダーバッグ 制作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

袋Labの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fukurobaglab

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 【年間300万円経費削減した裏技♪】〇〇でオリジナル紙袋を注文すればコストダウン!?

  • 塩ビ(エンビ)ポーチの制作について

  • ワリフバッグ(PPクロス)をオリジナルで制作するポイントについて

関連記事

  • 小判抜きビニール袋を制作する方法とは!?

  • ショルダーバッグをポリ袋で制作する仕様について

  • 小判抜きオリジナルポリ袋の制作と特徴について